『めしのしま』いいじまが誇る、伝統技能

わら

長野県南部に位置する飯島町(いいじままち)は、
その名のとおり「めしのしま」として、古くから米作りが盛んで、おいしいお米の産地。
飯島町は日照時間が長く、わら細工に最も適したわらが手に入ります。
日本の祭事には、必需品のわら細工ですが近年純国産のわらは減り、貴重な物になってきています。
そんな中、私たちは地元のわらを使用し、米俵・福俵、猫つぐらなどの
バラエティに富んだ様々なわら細工を製作・販売しています。

伝統文化の継承と新しい発想で、職人たちが一つひとつ心を込めて、手作りで丁寧に仕上げています。